初心者ゴルフで100切り【”当日の”パター練習は朝の9球】が超重要

今日も【100切り】に向かって邁進していきましょう!

今回も、タメゴローが実際に100を切るためにやって効果が出た、【100切りのためのパター練習】についてのもので、

前回の記事:初心者ゴルフで100切り【”いつもの”パター練習はまっすぐ、決まった振り幅】だけ

とセットで見てもらうと、より【100切り】に近づけると思います。

今回は、

100切りには【”当日の”パター練習は朝の9球】が超重要

です。

前回の記事で書いたとおり、自宅での”いつもの”練習は、パターマットを使って

  • まっすぐ打つ
  • 決まった振り幅だけ

これだけをする、というものでした。

 

それに、今回の

【ラウンド”当日の”練習は朝の9球】

を併せてすることで、タメゴローのパタースコアは、実際に10打減りました。

それまで、3mのパットを6m打ってしまったり、ロングパットなのに半分程度しか打てない超ショートしてしまったり・・・。

ゴルフセンスがまったく無く、距離感も”超ノーカン”だったタメゴローにとって、この練習は100を切った今現在でも”パターの頼みの綱”といっても過言ではありません。笑

 

■3パットをしないための一番は【距離感】

タメゴローの経験上、100を切るためには、基本的にツーパットまででおさめて、”スリーパット”を無くすことが必要だと考えます。

やってしまいがちな”スリーパット”の多くは、

  • カップから遠いロングパットが残ってしまった
  • 中距離なのにノーカンで”大きく”ショートやオーバーをしてしまった

Untitled

という、”もったいないもの”だと思います。

この”もったいない”一打を減らすだけで、ハーフでも9打縮まってしまう計算ですね。

このもったいない一打の原因の多くは、【距離感が合わない】ことです。

入らなくても、距離感の合った1パットでピンの1m範囲につけられれば、2パットの確率が飛躍的に上がりますよね?

ですので、この【距離感】を合わせることができれば、3パットを無くせるというわけです。

 

そんな距離感を合わせるための練習方法が朝の9球というわけです。

朝の練習は、もちろん【その日ラウンドするゴルフ場の練習グリーン】で行います。

この練習グリーンは、実際に今から回るコースのグリーンと”同じコンデション”になるように調整されています。

ここで大事なのは、傾斜などは別として、全ホールのグリーンがこの練習グリーンと同じ転がり方をするということですね。

これにより、今日一日使う【距離感】を得ます。

この【距離感】が超・超・重要なのです。

当日のパターは何よりも【距離感】を大事にしましょう!

 

■朝の9球は・・・

そんな距離感を養うための練習が【朝の9球】です。

これは9球だけにしなくても大丈夫ですが、最低限の9球は打った方がいいという意味合いです。

その9球の内訳は、

  • のぼり の 3球
  • くだり の 3球
  • 振り幅2倍 の 3球

というものです。

では、それぞれを説明しますね。

pata

■”のぼり”の3球

練習グリーンについたら、まず”軽く”【のぼり】傾斜になっているスペースを探しましょう。

急勾配ではなく、”軽く”です。

よく分からなかったり、見当たらないようでしたら【フラット】でもいいですよ。

そこで、カップめがけてでなく、何も無いところに向かってボールを3球置きましょう。

そして、自宅で練習した「決まった振り幅」で、3球打ってください。

あなたが、”決まった振り幅で”打てていたら、3つのボールはほぼ同じところに転がったはずです。

そうしたら、打った位置から、ボールまでの間を歩いて何歩あるかを覚えてください。(これを”歩測”といいます)

これが今日全ホールであなたが使う、のぼり(フラット)の、決まった振り幅での距離】です。

タメゴローは大体4~5歩ぐらいが多いですね。

 

■”くだり”の3球

のぼりと同じく3球打って、同じように歩測しましょう。

のぼりとは違って、あと1~2歩分距離が長くなるはずです。

これを、【くだりの、決まった振り幅での距離】として覚えてください。

 

■ロングパット用に”振り幅2倍で”3球

最後に、今までの【決まった振り幅】の2倍の振り幅で3球打ちましょう。

できれば”のぼり”がよいですが、”くだり”でなければかまいません。

きっちり歩測して覚えてください。

これが【ロングパットで使う参考の距離】です。

 

■9球の感覚を使って、いざラウンド・・・

02558x

  1. 各ホールグリーンに乗ったら、まず”のぼり”か”くだり”かを観察します。
  2. ボールからカップまでを歩測し、朝の練習の”いつもの振り幅の歩数”の距離と比べて長いか、短いかを測ります。
  3. 短ければ振り幅を少し小さくし、長ければ大きくしてパターを打ちましょう。

これをするだけで、びっくりするほど距離感が合ってしまいます。
(傾斜の強弱は少し考慮しましょうね。笑)

1打でカップインはしなかったとしても、大体1m範囲内には寄ってしまいます。

また、ロングパットの場合でも、”2倍の振り幅”を参考にして打てばいいのです。

カンタンで、しかも結構正確なのでバカにできない【距離感の合わせ方】というわけですね。

これにより、1打目のパットで、ピンそばまで寄せることが可能となり、そこから1パットで入れられる可能性が大きく上がります。

 

それでも「距離感が不安」という方や、「精神的に楽に打ちたい」という方は、

「とっても大きいカップがある」と考えて、打ってみましょう。

14078847

画像のようなカップなら入りますよね。笑

入るイメージが持てるなら、小さいカップ(ピン)にも確実に近づきますよ。

精神的なものに左右されがちなゴルフは、とにかく”いいイメージ”を持ちましょう。

 

■”当日の”練習は朝の9球 まとめ・・・

いかがでしたか?

実際にやってみないと実感できない練習ですが、やれば効果絶大!なのを実感してもらえると思います。

なんせプロもやっている方法ですので。

”たった9球”の練習で「その日の距離感」が手に入りますので、やらない手はありませんよね。

”さらに精度を上げたい”という方は、「お昼休憩の後も」同じように”9球”やってください。

4c49244d1dc5e_image

グリーンはお昼ごろになると、夜露が乾き、朝に比べて「少し早め」になることが多いので、距離感の補正になり、さらに精度が上がりますよ。

さらに、家での”いつもの”パター練習と、この”当日の”練習を組み合わせることで、打ち方が安定し、距離感によりブレが少なくなるので、家での練習も大事ですよ~。

このカンタンな【”当日の”パター練習は朝の9球】をぜひ実践してもらい、【100切り】を達成してもらえたらうれしく思う、タメゴローでした~。

 

 

【”本物グリーン”に近い転がりのパターマット】

スーパーベント パターマット45cm×4m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA