ネット激安だけど、ちゃんとポリ素材(PU)のサーフボード【SCELL SURF BOARD】1年乗ってみたら・・・その1

タメゴローです!

ダイエットのリバウンド対策として、立派な中年になってから始めた【ソフトボードサーフィン】

続けること、いつのまにやら5年ほどたちました~。

その間にいろいろなボードを入手して乗ってきましたのでその報告と、昨年手に入れて今年はコレ一本でと、頑張っているポリ素材のネット販売激安ボード【SCELL SURF BOARD】について、実際にどうなの?的なレビューです。

 

1.今まで乗ってきたのは・・

まず、中年になってからサーフィンを始めたタメゴローのボード遍歴です。

9’0ロングソフトボードで本格的にサーフィンをスタート

BIC9’4ロングボード(EPS)でソフトボードを卒業し横に走る

BIC7’9ファンボード(EPS)でプルアウトやターンを重点的に練習

ポリ素材9’4中古ロングボードでノーズライドを経験

ポリ素材SCELL SURF BOARD 7’0 新品ミッドレングスでテイクオフとターンを重点的に練習 【←今回はここ】

ざっくりこんな感じで一番最初からするとタメゴローのサーフィン歴は5年ほどになると思います。

1年目にソフトボードとBIC9’4を、その後1~2年に1本増えている感じですね・・・。(置き場確保が大変で奥さんには文句言われてます笑)

 

2.あれ?どんどん長さが短くなっていっているぞ・・・

最初9’0ロングソフトボードで始めたサーフィン。

「ロングボードでまったりゆったり乗れるといいな」などと思っていたタメゴロー。

一度9’4まで伸びた長さが、なぜか今度は年を追うごとにどんどんボードが短くなってきています。笑

過去に書きましたが、

丈夫なベストセラー【ファンボード】で効率よくロングボードを上達したい~1

丈夫なベストセラー【ファンボード】で効率よくロングボードを上達したい~2

BIC9’4ロングボードで自由に曲がれないことに「危険性を強く感じて」から、ターンの練習などのためにBIC7’9を入手したことがきっかけですね。

やはり短いことはアドバンテージだと強く感じましたし、短くても慣れればノーズライド(らしきもの)もできましたし楽しく乗れていました。

特にハイシーズンの夏の海は”イモ洗い状態”の蜜具合ですので、ロングに比べて本当に安心して楽しむことができました。

それにタメゴローの目論見通り、短い板でターンやプルアウトを練習すると、ロングに戻しても”少し大げさな動作”にするだけで板が動いてくれるんですよね。

さらに短い板に乗っていると、ロングに比べて前後左右のバランスや波のいい部分にとっても敏感になります。

これによってロングだけに乗っていた時に比べて、いろんな波や位置からテイクオフすることがとっても簡単になりました。

もちろん人が少なくなった10月にはロングボードを目いっぱい楽しみました。

そんな中、たまたまタイミングよくショップの方から、

「いいロングボードの中古あるけど、どう?」

と声をかけて頂いたのをきっかけに「ポリ素材」のロングボードに乗ることとなり、この乗り味に衝撃を受けてしまいポリ素材の7’0を手に入れようと思い至りました。

 

3.ボードの素材で乗り味はちがう?

BIC7’9でターン(らしきもの)とプルアウトを練習しつつ、ロングではできない前後の狭いバランスやドルフィンらしきもの、疲れにくいパドルや、良い波、悪い波、波のイイトコロなどがすこーしずつ、ほんとにすこーしずつわかるようになってきた気がします。

とてもタメゴローの友人のように、5フィート台のうっすいショートボードで2~3パドルして波のイイトコロでスパッとテイクオフし、上に下にグリングリン乗れるようになる気はしていません。笑

それなのになぜ今までで最短の7’0をチョイスしたかというと、

  • BIC9’4から中古のポリロング9’4に変えた際に、同じ長さなのに乗り味が全然違ったことに衝撃を受けたこと。
  • BIC7’9よりもう少し軽く動かしたい。
  • なんとなく波のイイトコロが少しだけわかる気がする。
  • 1フィートぐらい短くても行けるのでは?

などと慢心と勘違いをしながらも、より短い板にチャレンジしたという感じですね。笑

そして素材ですが、スポンジボードやEPSしか乗ったことがなかったタメゴローが、ポリのロングに乗った瞬間、

「これはよい!」

とテイクオフして波を横に滑った瞬間に衝撃を受けるほどの違いを感じました。

 

ちょっと脱線ですが、スポンジ以外のサーフボードの素材でメジャーなものは「PU(ポリ)」「EPS」です。

PU=ポリウレタンの略であり、最も一般的で現在もまだ主流となるサーフボードの素材を芯材に、ポリエステル樹脂でラミネートしたものがPUサーフボード。

EPS=日本では発砲スチロールと呼ばれているサーフボードの素材で、それを芯材にエポキシ樹脂でラミネートしたものがEPSサーフボード。

話を戻します。

 

どう良いかと言われると、同じ長さのEPSであるBICと比べて、

  • 軽い
  • 浮力が強い
  • 柔らかい
  • ターンでスピードが伸びる気がする
  • 海でも陸でも全般的に取り回しが楽

というところでしょうか。

当たり前ですが重量が軽くなった分浮力も増しますし、同じ長さのEPSのBICに比べると、やはりボードの先端を左右に振るのにも力がいりませんでした。

これはパドルをしている時にも実感できて、波待ちからの方向転換や、波のいいところにパドルする際の”もったりさ”も解消されてます。

あと足ざわりが柔らかく、なんだかしっとりしている感触でウォーキングもどきも「板の上」というより「水で締まった砂の上」っぽい感触でとても歩きやすかったです。

身体をぶつけると痛いのはあまり変わりませんが、少しやさしい程度ですかね。笑

ターンでは板が柔らかいせいか、しなってるのでしょうね。

カチカチのEPSのBICだと「重さで波を突っ切る」という感じなのですが、ポリはスキーのカービングターンの後半のヌケのようにしなって走ってくれている感じがします。(タメゴローのやっていた競技スキー的な感覚ですが)

これは直接的に関係ないかもしれませんが、ノーズライドもこの板でできるようになりました。

あとは軽いので持ち運びも楽になりましたね。笑

とまあ、同じ長さの板だったので特に比べ易かったですが、BICはBICでメンテフリーだしクラッシュしないし、レールもちゃんと入るしとても良いのですが、「ポリ素材で短いの乗ったら楽しそうだな~」と思ってしまいました・・・。

 

4.選んだのは、ネット激安のポリ素材ボード【SCELL SURF BOARD】・・・

そんなことを思ってしまったら、新しいボードを探してしまいますよね!

白羽の矢が立ったのが

【SCELL SURF BOARD ミッドレングス7’0】

です。

なのですが、ちょっと長くなりすぎましたので、

ネット激安だけど、ちゃんとポリ素材のサーフボード【SCELL SURF BOARD】1年乗ってみたら・・・その2

に続きます~。

+

+

+

↓SCELL(セル)ファンボード 7’4 大体50000円ぐらい(トライフィン+ソフトケース+おまけ付き)。タメゴローのように80kg近い方ならこちらがよいでしょう。

ファンボード 7’4 サーフボード SCELL サーフィン BRD

↓SCELL(セル) ファンボード 6’8  大体50000円ぐらい(トライフィン+ソフトケース+おまけ付き)。女性や体重の軽い方ならこちらがよいと思います。

SCELL(セル) ファンボード 6’8 レールにピンライン有り サーフボード レッド

↓AQSSミッドレングス6’10は、シングルフィンセッティングもできるポリ素材ではもっとも激安かと。25000円程度でAmazonランキング上位。しかもコレ、ナット・ヤングの息子のボウ・ヤングがPVで乗ってたのでものすごく気になってますが、タメゴローは持っているサイズに近すぎて二の足中です。1年前にあったらコレを買ってたと思います。来年こっそりか・・・笑


AQSS (Australia Aquatic Social Scene PUボード)ションボード Carbon Jet 6’10 AQSS-CJ-610 (F05 06 07 08)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA