横へ走る!BICロングボード9.0フィートをレンタルしてみた!(後編)

今回は前回のお話:

BICのロングボード9.0フィートをレンタルしてみた(前編)

の続きです。

横に走れずに悩んだタメゴローは、ショップオーナーさんに、

【ロング”ソフト”ボードに比べて5倍ノーズライドが楽な板】

ってことで、初心者でも【波を横に走る】ために操作のしやすいロングボードをレンタルすることになった訳です。

・・・そうしてオーナーさんが出してきてくれたボードがこちらでした。

2IMG_8058

おお、カッコイイ!


BIC 9’0 Classic Longboard サーフボード

 

なんだかわからないけど、【いわゆるロングボード】に見えます!

まず一番の印象は、

 

なんて薄っすい板!!

 

でした。笑

今使っているソフトボードの半分ぐらいだと思います。

レールを手に持ってみたらその薄さがさらによくわかりました。

 

うん、やはり半分だな。。。

これ、本当に水に浮くのか・・?

 

と思った程です。

しかし家に帰ってからメーカーサイトでスペックを確認したところ、一般的なロングボードと同等の厚みでした。

またこの板は心材の種別から【モールド】と呼ばれる種類の板で、一般的な板は【ポリ】と呼ばれています。

 

詳しい説明はメーカーさんBICのサイトに頼るとして、簡単に言ってしまえば【モールドボード】は【ポリ】に比べて、

  1. 丈夫で壊れにくい(クラックもできにくい)
  2. 浮力がある
  3. しなりにくい
  4. 少し重い目 

ということで、丈夫さと浮力からレンタルなどにもよく使われている板なのでした。

ボードの表面も、友人のポリのものに比べて、プラスチックのような感触で硬いです。

ポリだと、固いんだけど、やわらかいというという不思議な感じなんです。

それとは違って、はい、私は硬いですよ!といった感じです。笑

 

フィンは【シングルスタビライザー】

テールは【ラウンド】

前後ともにロッカーはきつくありません。

また、コンケープと呼ばれる溝が入っており、パドルをすることにより浮力が発生するという、なんともすごい機能が備わっているようです。

全体的には”クラッシック”と銘うっているのにもかかわらず、動きやすさである”マニューバ性能”を重視しているように感じられます。

 

この板をレンタルして代金の3000円を支払ったタメゴローは、既に海に入って疲れていたのですが、わき目もふらずに海へ直行です。

なんだか、”ふつふつ”と力が沸いてくるような感覚でした。笑

 

BIC9.0のボードは薄く、巾も狭いため、脇にすっぽりとおさまり、ソフトボードのように地面に水平にして持つ必要はありませんでした。

こんなところでも違いを感じてしまいます。

 

そういえば、ソフトボードでないロングボードを持ってビーチに立つのは初めてです。

なんか”やっている”サーファーっぽく見えるんじゃないか?

などと意味なく勘違いな昂揚しながら、ビーチを波打ち際まで歩きました。笑

 

さっそく歩いて入水し、腰ぐらいのところまで来たので、いつものようにボードに乗ってパドルをしようと乗りました。

 

あれっ?あれっ?

 

ボードが左右にグラグラと安定しません。

パドルをしていてもいつもより体がぐらついて左右にロールしてしまいます。

下手すると落ちます。笑

 

ソフトボードでは完璧だ!と思っていた胸を反った(と思い込んでいる)パドリングなんて、とてもではありませんができません。笑

ソフトじゃない、フツーのロングボードって、こんなにも不安定なものなの!?

 

さらに、今までと違ったのが、

【ボードの前後のバランス】

でした。

ソフトボードでやっていたように、”へそにボードセンターをあわせる”を意識してやってみると、これは大丈夫なのですが、ちょっとでも前にずれた位置に乗ると、板のノーズが水に沈没していくではないですか。。。

またその逆で後ろよりになると、ノーズが浮き、パドリングしても思ったように進みません。

 

なんてシビアなんだ・・・・

・・・いや、そうじゃない、今までのソフトボードが楽すぎたんだ・・・

 

多少の重心のズレなども、その【大きな浮力】で帳消しにしてくれていたのが、この時初めてわかりました。。。

そんなタメゴローにとって、”驚愕のかくしきれない”パドリングをしながらもラインナップまでやってきました。

さて、波待ちをしますか~、と寝ていた身体を起こし、ボードに座った瞬間です。

 

なんだこれ!?左右のグラグラがとまらず、まったく安定しない・・・・!

・・・と思いながら、ボードから落ちました。笑

 

そう、よく考えれば分かることですが、パドルで安定しないものをいきなり座って安定するはずがないんですね~。

もうね、初心者です。。。。

いや、今も初心者ですが、そう、始めて波乗りに海へ来たばかりの初心者である「おのぼりさん」の状態なのです。

波待ちでボードから落ちて、ラインナップの近くの人に距離をとられる恥ずかしさ・・・

2ヶ月ぶりに味わいましたよ・・・

同じ9.0の長さなのに、浮力の違いでこんなにもバランスがシビアになるんだ・・・

このBICに比べると、今までのソフトボードははっきり言って【船】でしたね。笑

また、ソフトボードは表面がビート版のような素材なので、レール部分がヒザの裏と滑りにくいため、前後のバランスもとりやすいものでした。

比べて、BICのボードはデッキ面はワックスしてありますが、レール部分には滑り止めがなく、ツルツルです。

そう、滑ってヒザの裏が落ち着かないの、バランスのとりづらい原因でした。

 

とにかく、前後左右のバランスは慣れるしかないと思い、いろいろ試してなんとか波待ちをしました。

そして、大きすぎない腰ぐらいの波を選んでパドリングを開始!

 

パドリングしても・・・全然進まない!?

 

板の上で身体が左右にロールしてしまっているためか、浮力がないためか・・・・、そのどっちもでしょうね。

パドリングが思ったように進まないことに、更に衝撃を受けることとなりました。

(慣れてきたころに、パドルのポジションを思っていたよりも前にずらすことでスピードがつくことに気づきましたが。)

スピードが出にくいなら早めにパドルスタートだ!と思い、なんとか”波に押される状態”までいきましたが、ノーズが水にもぐりあえなくパーリング・・・

このあとも何度もチャレンジしましたが、やはり前よりだとパーリング、後ろよりだと波においていかれる・・・・

すでに一度海に入っていたこともあり、そろそろ腕も限界です。

腕が、腕というより鉛の棒です。。。

 

一本だけでも・・・!と、ねばり続け、その時がきました。

モモサイズの波に斜めパドルをして、波におされてボードが滑り出し、レギュラー側の方向へ進み出したのです!

 

そう、【横】に!

IMG_7043

とにかくナナメに滑り出したボードの上に立ちあがり、首を進行方向へむけます。そうすると【完全に横に】走りはじめたではありませんか!

(横へというか、ナナメ下へというか、押され続ける不思議な感覚)

足場というか、ボードの上は今までのバランスの悪いグラグラ感など一切感じません。

なんというか地面じゃない?これ?ってぐらい安定しています。

目線が高い!

右手に波が見える、今まで見たことのない景色でした。

 

・・・これが、横に走るってことか・・・!

 

と、今までにない感覚に興奮し、横に走ったのもつかの間。

進行方向ではダンパーな白波が待ち受けています。

横へ走ることができるのも、あの白波でおしまいです。

上手い人であれば、ボードの向きを変えて岸側へ走るところでしょう。

しかし、このままちょっとでも長く横へ走るボードに乗っていたいタメゴローは、人がいないことを確認して、回避することなく白波につっこみ、見事に飛ばされました。笑

 

波を横に走れたのは、時間にしてしまえばほんの2~3秒だったと思いますがこの【横に走る】感覚というのは、タメゴローにとってとても強烈な体験となりました。

落ちた海から顔を出し、興奮状態で板をたぐりよせ、ビーチに上がります。

今まで”試練”としか思えない、”おのぼりさん”状態に戻されていたのにもかかわらず、タメゴローをはじめて横に走らせてくれたBICを大事に脇にかかえ、ショップにもどり返却。

オーナーさんには横に走れたことを興奮気味に報告をして、お礼を言い、帰路につきました。

 

帰りの車の中は、子供のように最後の一本のことを何度も思い返しました。笑

レールが波に入り、横に走るあの感覚。

たしかにあれだけ安定すれば”ノーズへ歩いていくこともできるだろう”、と感じました。

つまり【夢のノーズライド】への道が見えたということです。

 

この


BIC 9’0 Classic Longboard サーフボード

をレンタルしたことで、体験できた

それまで【サーフィン(ロングボード)】だと思ってやっていたことが、

【サーフィンのようなもの】をしていただけだと気づくことができ、

ショップオーナーさんに本当に感謝です。

今回はまぐれで横に走れただけだということも十分分かっていますが、目指すべき「あの感覚」が得られたことで目標が一気に明確になりました。

タメゴローと同じように、ソフトボードで横へ走る練習をしている人や、9.0以上の分厚い板に乗っている人は、一度この目からウロコの体験ができたのでBIC 9’0 Classic Longboard サーフボードを レンタルなどでもいいので一度試してみてはいかがでしょうか。

テイクオフさえできれば、レールの入る感覚が味わいやすいと思います。

 

ソフトボードでなく、ちゃんとした板ではじめたい!って人にも丈夫な【モールドボード】であるBICはオススメだとショップオーナーさんも言っていました。

また、リセールバリュー(中古として売る場合の価値)も高く、数年使った状態でもオークションなどでも高く売れるため、持っていて損の無い板だとのこと。
(時期にもよりますが、6万円で買った板が2~3年後に4万円で売っているのがザラとのことでした)

 

海へ行った回数も10回を超え、ソフトボードの元もとったことだし、本格的に”ソフトでない”ロングボードへステップアップを考え始めたタメゴローでした~。

 


BIC 9’0 Classic Longboard サーフボード

 

 


「横へ走る!BICロングボード9.0フィートをレンタルしてみた!(後編)」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。。当方40半ばで波乗り始めた者です。
    横に乗ること数回、まだまだ初心者ですが、タメゴローさんのブログを見て、思わず同感!今まで8だったのですが、
    bic9を購入しました。もうすぐ来ると思うので、待ち遠しく待っているところです。bicのことくわしく紹介されていてとても参考になりました。ありがとうございます。お互い、初心者突破できるように頑張りましょう!

    1. よしさん

      はじめまして!
      そしてコメントいただきましてありがとうございます。

      うまくなりたいとあがいている状況ではありますが、その感覚に共感いただけるととてもうれしく思います。
      8⇒9だとずいぶんと乗り味も違うのではないでしょうか。
      まだブログには書いていませんが、実は私もBICのロングボードをついに購入しましたので、さらにお仲間ですね!

      やはりBICのボードはとてもよく考えられているようで、すばらしいの一言でした。
      そんな中年パパなロングボード、タメゴローもよしさんに負けないように頑張っていきたいと思いますので、また近況報告などしていただけるとうれしいです。

  2. おはようございます。
    この4月にサーフィンデビューしたばかりの56歳のビギナーです。

    これまで、スクールとレンタルで数回やってきましたが、タメゴローさんのブログを興味深く読ませていただき、まさに丁度自分もスーツとソフトボードをそろそろ購入しようかと思っていたところです。

    タメゴローさんの直近のご様子が大変気になるところです。ふと思ったのですが、タメゴローさんの言われる【サーフィンのようなもの】をして楽しむよりは、どうせ購入するならソフトボードではなく初めからBICを購入する方がお勧めでしょうか?

    電車への持ち込みとか、車に積めるかどうかも大きな問題で、ソフトボードのショートだと浮力があるとのことなのでこちらも選択肢としてアリかなとか、いろいろ考えて悩んでいるところです。

    アドバイス、どうかよろしくお願いいたします。

    1. カトコジさん

      はじめまして。
      このブログにコメント頂きありがとうございます。

      今年デビューされたんですね!
      まさに楽しくてしょうがなく、次の海予定が待ち遠しいところだと思います。
      タメゴローも最高に楽しんでますよ~。

      さてボードとスーツの話ですが、スーツは安いものでよいので買ってしまった方がよいと感じます。
      金銭的にも1回2000円程度でレンタルしてるなら5回も行けば元はとれますので。
      買うならば一番多くのシーズンを楽しめる3ミリのフルスーツがおススメです。

      ボードの方は、まったくの初心者であればソフトボードがおススメなのですが、カトコジさんは数回スクールやレンタルされているということなので、基本的な動きやテイクオフができると思います。
      せれならば、思い切ってBICなどの”壊れにくく扱いやすい板”を買ってしまってもよいかと思います。
      「横に走る」ということのやりやすさはやはりBICでしたが、浮力は8ぐらいの短いソフトボードの方があるように感じましたので、浮力だけでいうならソフトボードもアリですが。
      ちなみにタメゴローはソフトボードで10回海に行った時点でBICの板を考え始め、12回目の海ではBICの9.4の中古ボードに乗っていました。笑
      横に走れるのは最高ですよ!

      カトコジさんがされているのがショートかロングかファンなのかわかりませんが、

      ・ショートなら浮力優先でソフトボード
      ・ファンやロングなら横へ走るためにBIC

      というのがいいのではないかな~、と考えます。
      また、長さについてはやはり海で楽しくないと続きませんので、移動よりも海で楽しめるためのサイズを優先して選ぶことをおススメします。
      車には座席を倒してつめればOKですから!

      こんな感じですがご参考になれば幸いです。
      ちなみにBIC9.4を買った近況はもうすぐアップしたいと考えていますので、お楽しみに!
      お互い初心者サーファーとしてがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA