【ゴルフ用空調服】は真夏ゴルフの歴史を変えたアイテムです

タメゴローです!

スカっと晴れた青空の下、夏のゴルフを楽しんでますでしょうか?

やはり夏はゴルフをするのに最高に気持ちいいシーズンですね!

・・・そう、暑過ぎなければ。笑

もし”汗かきトーナメント”というものがあるのなら、リーダーボードの上位に載る自信のあるタメゴローにとっては、夏は楽しくも非常に厳しい時期でもあります。

しかし、そんな超汗かきタメゴローを救い、夏のゴルフを最高に楽しめるようにしてくれたアイテムに出会うことができました。

今回はそんなタメゴローの救世主アイテム【ゴルフ用空調服】についてです!

1.汗かきタメゴローに夏ゴルフはつらい・・・

夏ゴルフは体も柔軟に動くし、ボールも反発するためよく飛距離も伸びますし、なにより青空の下でプレーできるためとても楽しいものですよね!

しかしタメゴローをはじめ”超汗っかき”の人間にとっては、その楽しさの反面、苦行でもあると思うのです。笑

ただでさえ暑いのに、近年は熱中症で倒れる人が増加するほどの猛暑が続いています。

ただ立っているだけでとめどなく汗は流れるし、普通にプレーしてるだけなのに「大丈夫?すごい汗だよ?」なんて同行の方に心配されるのが当たり前な、汗かきタメゴロー。。。

お仕事上のお客様にお誘い頂き、一緒にラウンドさせていただくのももちろん楽しくうれしいのですが、同時につらく感じたこともあります。

汗のため人より頻繁に着替えをしないといけないことや、汗臭くないかな・・・、なんてことも含めてね。

匂いは制汗デオドラント的なもので多少ごまかしてましたが、やはり汗をかくこと自体は変えられません。

できるだけ汗を素早くふき取るためのタオルは数枚は当たり前。
(1~2枚では何度も絞って使うことになります。。。)

ですので「着替え用のポロシャツ」も、朝のスタート時と帰りを除いても一日に最低3枚必要で、

  • 前半の茶店時
  • 昼食時
  • 後半の茶店時

このタイミングでトイレなどで着替えていましたし、お昼はズボンもかえてましたね。

そんなタメゴローを救ってくれたのが【夏専用ゴルフインナー】でありました。

 

2.夏専用ゴルフインナーはとてもよい、しかし風があれば尚よし・・!

あまりにも汗をかくので、夏専用インナーを着用しはじめたのですが、これがとっても快適!

知らなかった時の自分にはもう戻れない程のもので、夏だけでなく春秋でも少し蒸しそうだな、というときには必ず使用しています。

やはり文明の利器は使わないともったいないですね~。

詳しくは過去に書いた記事

【2020年版】ゴルフの【夏用機能性インナー】がこんなに快適だったとは!

をご参照頂きたいのですが、ゴルフ用夏専用インナーは汗かきタメゴローの夏ゴルフを劇的に変えてくれました。

多少風が動いてくれるラウンドであれば、茶店はもちろん昼食時ですら着替えなくてもプレーできるほどに!

もちろん、「汗ではりつく服の不快感の無さ」や「プレー後の身体の楽さ」も全然違うものでした。

しかしひとつだけ”弱点”とも言えるものがありました。

それは「風の無い日」。

ゴルフのスコアメイクには絶好ですよね、無風!

しかしインナーにとっては、風の無い日だと機能が十全に発揮されないようで、やはり昼食時には汗濡れが目立ってしまい、ポロシャツを着替えざるを得ず1枚は着替えをバッグに忍ばせておりました。

(それでも着替えは1枚で済みますし、お昼にズボンまで変えなくてよくなったのは本当に感謝です)

とてもよいものなんだけど、もう少しだけなんとか快適にならないかな~、などと考えていたある日、同じ汗かき体質を持つ実の兄に機会があり、

「夏のゴルフ、なんか涼しくなれるもの知んない?」

と、本当に何気なく聞いたことで、その後のタメゴローの夏ゴルフが大きく一変することになろうとは、この時は思ってもいませんでした。。。

3.空調服がゴルフに使えるとは

そのタメゴローが何気なく問いかけた言葉に、兄が即答してきたのです。

「それなら空調服だな!」と得意げにニヤリ。

空調服?タメゴローは建築設計の仕事をしてますので、現場にチェックしに行けば数年前からよく見かけてました。

まったく知らない方のためにちょっと説明しますと、下の写真のような、ベストやブルゾンの背中に”小さな扇風機”がついた、


空調服 空調 服 空調作業服 【DC7.4Vファン/日本製モーター/5200mAhバッテリー】 熱中症対策 2020新型空調服 作業着 夏用 冷却ファン服 空調ウェア 男女兼用 長袖 綿 現場工事 工場内 屋外 釣り 農業 日本語説明書付き

夏用の熱中症対策などに使われる冷却服です。

タメゴローの感覚では、「バリバリ建設現場用のイメージが強い作業服」だったので、ゴルフで使うことに考えが結び付きませんでした。

・・・あれをゴルフで使うの?

「それワークマン的なやつ?ゴルフで使ってるの?」

と返すと、

「そうだけど、ちゃんとゴルフ専用が販売されてるからドレスコードも大丈夫だし、最近使っている人多いぞ。お前も汗っかきだろ?最高だぞ

と、その後もやはりタメゴローと似た体質を持つ兄、いやお兄様が空調服の良さについて、こってり1時間以上お教えくださいました。。。笑

 

4.ではワークマンなどの空調作業服でもいいのでは?

良い情報を得てホクホクのタメゴローは、インターネットでさっそく空調服を探しました。ええそれはもうたくさん。

結果として、

「とりあえず”作業服っぽくない作業服で試してみよう!」

(セコいですね!)となり、作業服なのに日常でも使えるファッション性で最近とても人気のワークマンへ行くことに。

いろいろ物色してみましたが、一番人気のベストをチョイス。

Wind Core(ウィンドコア)シェルベスト

ベストタイプにしてみました。

コレ、アウトドアっぽいベストで価格も3000円程度、ネットで見ていたものよりずいぶんと安いしいいか、と思い選んだのですがひとつ「落とし穴」が。

なんと「ファン」と「バッテリー」が【別売り!】。結局、

  • シェルベスト 2900円
  • バッテリー10Vセット 4900円
  • ファン・ケーブル・ファンカバー(2枚) セット 3900円

を買うことになり、合計11,700円。。。

あれ?ネットのオールインワンのものより高いぞ?と思いながらも、早く使ってみたいタメゴローは購入してしまいました。

バッテリーもズシリと重みを感じますが、大きさは手のひらサイズで大き目のスコープ距離計ぐらいのものでした。

5時間かかるとのことだったので、寝る前にバッテリーを充電しておきます。

充電完了した電池を左ポケットの裏地にあたる部分に収納します。

ファンはけっこう重く大きくて、これつけてスイングできるのかな?とちょっと不安になりましたが、着ているとあまり重さは気になら無いものでした。

ファンは背中の両サイドにつけます。

着てみるみると、なるほどこれならプレーするには問題なさそう。

スイッチオンすればブゥーンという駆動音とともに空気がベストの中を流れ始めベストがパンパンに膨らみました。

服の中を通った風は首元からぬけるようにできており、フードをつけていれば頭も経由して通気するだろうな、ということがわかります。

袖口はゴムでしぼられており、あまり風の出口にはなりません。

これはよさそう!と、早速にラウンドで実際に使ってみました。

プレー中の写真が無いので申し訳ありませんが、使ってよいと感じた感想3つです。

 

1.まず、圧倒的に涼しい!

これは目からウロコ。

なるほど夏のゴルフでもこんなにも涼しくなれるのか!と思う程違いを実感できました。

背中から入った風が、ベストの中を全体的に通り、最後は首元から抜けてゆきます。

そのおかげで熱のこもりやすい「後頭部」や汗のしたたる「アゴ」に風が当たり続けてくれるので非常に爽快!

帽子を被っているため、つばに当たった風が顔にも来てくれます。ちょっとコンタクトが乾くかもですが、これはすばらしい効果でした。

ただクーラーのきいた部屋にいる程という訳ではなく、扇風機で風を送り続けられているので涼しい、という感じですね。(当たり前ですが)

 

2.風がなくてもインナーが効果を発揮してくれる

冷房のきいたクラブハウスにいたときは気づかなかったのですが、これインナーが乾いていると効果が減ってしますものだと思いました。

ハウスの外にでれば汗っかきタメゴローは熱い夏の時期ですからじっとしていても汗がにじんできます。

その汗がインナーを濡らすと、変化が劇的です。

”インナーの濡れたところ”がとても涼しいではないですか!

空調服が無い時は無風だと効果が減って感じられた夏用インナー、これが自発的に風を作り出す空調服と組み合わさることで、いつでも本来の効果が得られるということを実感しました。

これで無風のラウンドでも怖くありません!

 

3.昼食時にも服を変えなくてもよい

基本的に空調服はアウターという扱いで、タメゴローは冬の防寒ベストのように着ています。

普通であれば夏なので、夏用インナーを着たその上にポロシャツを着るのですが、今回はポロシャツを着ずにその代わりとしてインナーの上に直接空調ベストを着ました。

ドレスコード的にも兄もこれで今まで注意を受けたことはない、と言っていましたし受付フロントでも問題無いとのことで安心しました。

(ただしマナーの厳しめのゴルフ場だと指摘されるかもしれませんのでご注意ください。)

汗はかきますのでタオルはやはり必要でしたが、今までタメゴローが経験したことがないほどの涼しさで、【炎天下のゴルフ】をたのしむことができました。

それは、お昼休憩でも着替える必要がないほどに!

しかしここでひとつ問題が。

とてもよいものだ、と実感しつつ昼食の席につくのですが、タメゴローの背中からずっと「ヴィ~ン」と音がしているのです。笑

これってファン止めた方がいいのかな?などと考えましたが、とりあえず汗が引くまではつけっぱなしでランチをとり、涼しくなったらオフにして過ごしました。

しかし場合によっては同伴者に指摘されそうな音の大きさだったので、これはちょっと要改善というか、静音タイプを見つけるか、スイッチをつけない方がよさそうですね。。。

 

  • ワークマンの欠点 7つ

と、さすがに効果は素晴らしく、これは夏のゴルフには即採用!特にタメゴローの真夏ゴルフにはこれから必須アイテムだと言い切れるものでした。

しかしその反面、気になることが8点ほどありました。

それは、

 

1.音がうるさい

昼食の時の悩みもですが、アドレスしてるとヴィ~ンと。もう少しでも静かだとよいですね。

同伴プレイヤーから苦情がきそうで怖い。。。

 

2.ベストなので肩が熱い

これはベストタイプなのでそりゃそうか、です。暑さ対策を優先するなら個人的には半袖の方がよいと感じました。

 

3.作業服着てきてるの?的な目線が微妙

やはりゴルフ用ではないので、ちょっと周りの目とデザインが気になります。

せめてゴルフブランドのロゴが入っていれば・・・。

 

4.ファンとバッテリーが思っていたより重い

前半はまだよいのですが、後半に入ると背中のファンよりも、左前方のおなか付近にあるバッテリーの重量を感じるようになったと思います。

 

5.電池切れが思ったより早い

カタログスペックでは5時間だったのですが、上がり3ホールほどでバッテリーが切れてしまいましたので、ラウンド前の練習から使うとやはり7~8時間は稼働していてほしいなぁ、と思ってしまいました。

 

6.スイングをするとちょっとひきつる感じがする

ワークマンのはあくまで作業服であり、やはりゴルフ用というわけではありませんので仕様がないことでしょうが、ベストタイプなのにバックスイングで生地が突っ張る感じがありました。

 

7.フォロースイングでファンが左の肘にあたる

これもファンをつける構造上仕方ないことでしょうが、左脇を締めたフォローでも肘がすこし干渉します。

フォローなのでそこまで影響は少ないです。

 

8.空気で膨らんでいるおなか部分がダウンスイングですれる

これまた仕方ないことでしょう。空気で膨らんでいる生地部を腕が通過します。

ダウンベストのように中身が詰まっていないので、直接的には肘の邪魔になりませんので慣れれば大丈夫でした。

 

これを踏まえた上で、プレーから帰ったその日に【ゴルフ用空調服】でインターネットを再度検索してしまったタメゴローはイケナイ子でしょうか。笑

(もちろんワークマンのベストは日常の散歩などで使ってますよ。)

 

5.ゴルフ用の空調服は

このような「欠品中」ポップがあり、お店でも品薄なほどイチ押し商品だとよくわかりました。

いろいろあってタメゴローが採用したのは

【プロギア AIR COMPO】

というモデルでした。(あれ、もう手にいれてしまっている!?)

これタメゴローが購入したときはネットでは販売しておらず、実店舗販売のみでした。

ちょっと試着してみようとショップにお邪魔したつもりだったのですが、なぜか帰りに手に持っていた、というやつですね。笑

それはさておき、【ゴルフ用空調服】をみていきますね。

色はやはり夏向きの白っぽいものを選びましたが、少しグレーで色々と合わせやすく助かってます。

形は正面はゴルフでは一般的なウィンドブレーカーのように見えますが、後ろにまわると

やはりファンがついてますね~。

ガバッと開けば腰部に2つのファンからバッテリーにつながったコードが見えます。

着てファンをオンにすると、ムキムキマッスル(笑)になります。(空気で膨らんだ状態になります)

バッテリーもワークマンより少し小さめで、ゴルフ用だ!と強く実感したのが、ココ!

ズボンのベルトに固定できる【クリップ付き】なところです!

これは左ポケットの裏側に入れることもできるのですが、ベルトにクリップする方が圧倒的にスイングの邪魔になりません。

↑ポケット裏に入れるとこんな感じ。

↑ベルトにクリップするとコレなので、そりゃあゴルファーはこちらでしょう。さすがゴルフ用!

半袖も肩を空気が抜けないようにボタンがついているので、袖口から空気を出す量も調整できてしまいます。

背中から入った空気が首元に抜けてゆきますので、襟元のジップの開き具合で空気量を調整するとよい感じです。

なにげにうれしいのが、ポケットに手をいれるとそこからも空気が抜けてきています。

汗で湿った手を乾かしてくれるので、クラブの滑りも解消しつつ気持ちもよいです。

ファン本体も薄型と一般のものがあり、400円高い高級な”薄型”をチョイス。

やはり腰にちょっとでもあたる部分を減らせるのでこれは正解でした。

洗濯の際の取り外しも、ギザギザの部分を

ぐっとつかむだけでパカッと外れてしましますので、楽ちんです。

プロギア直営店で試着をしてタメゴローの体形にあまりにジャストだったため購入してしまいましたが、ファン・バッテリー、服のセットで約22,000円ほどのコストでした。

実際に使ってみると、

  • ファン部の薄さ(スイングの邪魔にならない)
  • モーターの静穏性(アドレス中もハウスでも)
  • 生地のツッパリ感(薄さからかちょっと伸びる感じ)
  • バッテリーの腰クリップ(これ最強)

のおかげでさらに快適で、やはりワークマンのものとはちがうなぁ、と強く感じさせてくれたものでした。(ので無駄使いではないはず!)

 

6.どちらも使ってからのオススメ品

タメゴローはたまたま試着した半袖の中でプロギアがよい感触でしたが、多くの方はベストタイプがよいのではないでしょうか。

実は最後まで迷った対抗馬がこちら。

Amazonでもベストセラー1位の、ミズノ(MIZUNO)!

[ミズノ] 空調ウェア エアリージャケット ベスト ファン・バッテリー別売り 暑さ対策 C2JE0102 ホワイト L

タメゴローが使っている夏専用インナーもミズノですが、こういった機能的なスポーツ製品はやはりミズノがダントツなのだと思います。

これは「ファン・バッテリーセット」が別売り

MIZUNO(ミズノ) サンエス/エアリージャケット用ファン&バッテリーセット(ジャケット別売り)空調服 ファン付きバッグ用

となっているので一緒に注文が必要ですが、日本企業であるサンエス製のファンを採用して安心です。

しかもプロギアより少しお値打ちですので、まずこのあたりがよいかと思います。

 

もっとリーズナブルなものないの?って方には、Amazonのレビューでも高評価が多いこちら、


MIDIAN 空調作業服 チタンコーディング 作業着 ファン バッテリー セット 長袖 ベスト 2019年新型改良デザイン(グレーベスト, XL)

ファン・バッテリーセットまで込みでなんと9000円代!

ワークマンでも12000円ほどしたので、そのお安さがよくわかりますね。

  • ちょっと試してみたいんだけど
  • 日常的にも使えたらいいな

なんて方はまずこちらで試してもらうとよいかと思います。

 

 

7.まとめ

真夏のゴルフでの空調服、いかがでしたでしょうか。

タメゴローにとっては夏のゴルフ歴史が変わるほどの出来事でした。

タメゴローのように、

  • 超がつく汗っかき

はもちろん、

  • ゴルフ行きたいけど真夏はなぁ
  • 暑さで疲れすぎて次の日がだるい(日々の生活でも)
  • 熱中症が怖くて外に出れない(日々の生活でも)

なんて方々にもとてもオススメできすぎるアイテムだと思います。

もちろん熱中症対策にもなりますし、なにより快適にラウンドができるので集中力も増してスコアを追いかけてゆけるので、真夏のゴルフがもっと楽しくなりますよ!(タメゴローの実体験笑)

+

+

+

+

+

Amazonベストセラースポーツ用空調服なら【MIZUNO】です。胸のマークが信頼の証ですね。ファン・バッテリーセットも一緒に買いましょう。


[ミズノ] 空調ウェア エアリージャケット ベスト ファン・バッテリー別売り 暑さ対策 C2JE0102 ホワイト L

↓「メーカーにこだわり無い」と言う方ならバッテリーやファンまでセットで9000円とコスパ最強ベストがオススメです。ゴルフだけでなく日常でもガンガン使えます。


MIDIAN 空調作業服 チタンコーディング 作業着 ファン バッテリー セット 長袖 ベスト 2019年新型改良デザイン(グレーベスト, XL)

 

↓ゴルフだけでない長袖空調作業服をお探しなら、日本製のモーターを使っているこちらがオススメです


空調服 空調 服 空調作業服 【DC7.4Vファン/日本製モーター/5200mAhバッテリー】 熱中症対策 2020新型空調服 作業着 夏用 冷却ファン服 空調ウェア 男女兼用 長袖 綿 現場工事 工場内 屋外 釣り 農業 日本語説明書付き


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA