【2020版】ゴルフキャディバッグは【スタンド式】が軽くて練習場でも便利すぎます

みなさん、大事なクラブを収納し、ラウンドの際もなくてはならない【キャディバッグ】ってどうやって選んでいますか?

image

今回は、キャディバッグについての種類と、見た目だけでないユーザビリティ(使いやすさ)の高さについてのお話です。

【キャディバッグの買い換え】でオススメをさがしていたり、候補を検討中の方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

■まずは検索!今流行のものも参考に・・・

キャディバッグを探すとなると、まずは近くのお店へ行ったり、インターネットで検索しますよね?

タメゴローも御多分もれずバッグを選ぶ参考に、この記事を書いている時点でのAMAZONなどのインターネットショップランキングをチェックしてみました。

検索したのは「キャディバッグ」です。

その結果は、”ランキング”で、

 

AMAZONランキング【1位】

MIZUNO(ミズノ) ゴルフ キャディーバッグ T-ZOID ティーゾイド メンズ 軽量約2.7kg 9.5型(77cm)/47インチ対応/5分割 ブラック 5LJC179300

言わずと知れたゴルフ界のレジェンドブランド「ミズノ」の T-ZOIDが第一位にランクイン。(ちなみに2019年はオークリーでした。)

  •  サイズ:9.5型(77cm)47インチ対応
  •  質量:約2.7kg
  •  素材:合成繊維(ポリエステル)
  • 仕切:5分割

重量が2.7㎏と軽量タイプで価格も1万円程度とコスパも抜群

T-ZOIDと言えばキャビティの鍛造アイアンで世界に名を馳せた由緒あるモデルですね~。

名前だけでなく「フルオープンポケット」や、ちゃんとついてる「小物入れ」、握りやすくクラブを入れた状態でバランスのとりやすい角度をキープしやすい「バランスハンドル」なども装備しており、コスパよすぎの一本です。

練習場でも、ラウンドでも使いやすさが人気の秘密のようです。

カートバッグの中では文句なし!

納得です。

 

AMAZONランキング【2位】

le coq sportif GOLF (ルコックゴルフ) ビッグロゴキャディバッグ(20SS) QQBPJJ06 WH00(ホワイト)

大胆なロゴデザインが人気の47インチ対応のキャディーバッグです。(2019でもルコックの同じモデルが2位!)

  •  サイズ:9.0型
  •  質量:約3.0kg
  •  素材:ポリエステル/合成皮革(PVC加工)部分的にエナメル素材
  • 仕切:6分割

コスパもよく16000~20000円程度の価格帯です。

ルコックはフランス製で100年以上の歴史を持つスポーツブランド。

個人的にルコックは日本人では思いつかない色使いやフォント(文字)の使い方をするので好きです。

横峯さくらプロ、イ・ボミプロも所属してますね。

写真のホワイトのほかにもカラーラインナップが多いのもファッションブランドであるルコックならではですね。

ちなみに女性に人気の高いブランドでもあり、メンズを女性が使っているということも多いブランドだったりします。

 

AMAZONランキング【3位】

TITLEIST(タイトリスト) スタンドバック メンズ TB9SX4 ブラック/ブラック

ゴルフの王道タイトリスト!(2019年はOGIOでした)

  • サイズ: 8.5型(47インチ対応)
  • 素材:ポリエステル
  • 重量: 2.2kg(フード込み)
  • 仕切:4分割

ボールはプロ使用率№1ですし、好きな人はこれオンリー、というブランドですね。

口径が8.5型と少し小さめですが、スタンドバッグとしては一般的なサイズ。

色により少し価格は変わりますが15000円~と王道タイトリストにしてはとってもリーズナブルですね。

さすがにカートバッグに比べればサイドポケットは収納量少なめですが、ボール収納はフルオープンでたっぷり入りますし、練習にも役立つドリンクホルダーやボールにマーキングするためのペンホルダーなど使いやすく、収納部も多いものが多いです。

何より重量がスタンドバッグにしても軽い2.2kg!

若い方でも年配の方でもアスリートの匂いを感じさせてくれる使い勝手のよいスタンドバッグです。

*

とまあ、キャディーバッグで検索した結果はみごとにカートバッグタイプが1・2フィニッシュ、3位がスタンドバッグという結果でした。

 

■探し方を変えることも大事・・・

しかし、いざ買い換えるといってゴルフバッグを探してみても、なかなか自分がこれだ!と、無条件に心に刺さるモデルと出会うことは少ないものですよね。

(一目ぼれをするほどのものに出会えた方はそれが運命だと思いますので、その出会いを大事にしましょう。)

特にタメゴローのように、「こだわりのゴルフスタイル」でいくと決めて道具を吟味してゆくと、さらに出会う確率が減ってしまいます。

タメゴローの場合のこだわりは、クラシックアイアンなどを使った「ちょっとクラシックなスタイル」なので、自然と「クラシックモデル」ばかりを探してしまっていましたが、デザインと機能と価格のバランスを考えると簡単には巡り会えません。(結構な高額なものでイメージに近いものはありましたが、あまりに高額なため練習代まで削ってしまいそうで、そんな価値は現時点で感じていません。)

そこで探し方を漠然と「デザインから全般」で探すのでなく、「機能性」から絞ってゆき、「デザイン」と「価格」のつり合いがとれたものへというアプローチをすることにしました。

 

■いろんなキャディバッグがある・・・

キャディバッグと言っても、いろんな機能や形のものがあります。

大きく分けて、自分で担いでラウンドをすることを考えられた、スタンドバッグや軽さが特色の

【セルフプレーバッグ】(スタンドバッグ)

と、昨今のゴルフ場で一般的に使われる乗用カートに乗せる前提の

【カートバッグ】

ですね。

 

【セルフプレーバッグ】

【セルフプレーバッグ】は全体的に細身で収納量も少なめ、そのかわり軽さや地面が水平でなくても安定して立つスタンド、ドリンクホルダーなどのセルフプレーに必須の機能が盛り込まれています。

_mg_3335

素材は軽めのナイロンやターポリンなどが多いです。

海外ではセルフプレーが一般的なので、とても広く利用されているますが、日本でも”セルフプレー”でバッグを担ぐ方はもちろん、そうでない方にも「軽さ」や「スタンドの便利さ」で人気のタイプです。

(セルフプレーバッグの最高にカッコイイ「ジョーンズ」のバッグについては、直輸入のネットショップなら、タイガーも愛用した【ジョーンズスポーツ】のキャディバッグまでお買い得に!でも書いてますので、ご参考にしてください。)

【カートバッグ】

【カートバッグ】は、カートに乗せる前提なので全体的に大きく、ポケットなどの収納量もたっぷりあり、そのため重量も重いものが多いですね。

cropped-005.jpg

プロがラウンドする際のバッグも、キャディさんが担いでラウンドするので1日分の水分や携帯食などまで入れる必要から収納量が多く、一般ゴルファーが使うことを考えると、こちらのカートバッグに属することになるでしょう。

素材は合皮やエナメルが多く、中には天然皮革なんて豪華なものもありますので、総じて価格も高めになり、応援しているプロと同じものを持ちたい方や、高級感が欲しい場合に求められる傾向があると感じます。

 

■軽くスタンドのあるバッグの便利さ・・・

タメゴローが使っているバッグはPUMAというブランドのスタンドバッグです。

このスタンドバッグ、もう5年近く使っておりますが、とっても便利です。

その理由はやはり、「軽くてスタンドがある」ことだったと感じます。

購入当初はスタンドって結局使わないのでは?とも考えましたが、まったくの杞憂で、どんな地面でも立ってくれる安心感は今ではなくてはならないものとなっております。

_MG_0268

クラブセットだけで5~6キロ程度あるのです。

カートバッグはその荷重が頭側に集中しているのにかかわらず、狭い底の面積でがんばって立っている状態ですよね。

もし倒れてしまうと、大事なクラブやバッグまで地面とぶつかりキズがついてしまうのですから、カートバッグなどの、あの「ちょっと当たっただけで倒れてしまう」不安定さは、友人のものを周りで見ていてもちょっと心配してしまうようになりました。

さらに、「軽い」という機能は最近とても人気です。

ラウンド中はカートに積んでいるとしても、車から降ろす場面は練習場でもゴルフ場でも同様にありますし、プレー後につかれた身体で「よっこらしょ」とトランクバッグを積むのは何気に”腰”にきます。笑

また、練習場については言うまでもなく軽さが本領発揮しますね。

「練習行きたいけど、バッグ重いからなぁ」

・・・なんて考えるかたは意外と多いようで、車からレンジまでえっちらおっちら担いでいくのも、「軽い」、ただそれだけでそういった「心の抵抗」も圧倒的に少なくなります。

車ですらこんな心情がありえるので、この「軽さ」は電車で練習に行く方は途方もない恩恵に変わることでしょう。

人間が「何かを運ぶために使う道具」は体の負担が少ないことから、何でも軽い方がよいと考えるタメゴローです。

それが長時間であれ、短時間であれ、負担は確実にかかっていますので。

これはアラフォーになって、重いものが”腰”にくるようになったタメゴローだから感じることかもしれませんが・・・。笑

 

■選ぶブランドが、使い手を縛ってくる場合もある・・・

これは、気にしない人にはまったく関係ない話です。

しかし、気にする人は「気になって眠れないレベル」の話なんじゃないかな、と思います。笑

それは、「バッグのブランドとクラブのブランドなどを揃えたい」かどうかであったり、「服装などとのつながりを大事にしたい」かどうかという話です。

たとえば、タイトリストというクラブがメインのブランドのバッグであれば、やはりクラブもタイトリストのものを差したくなるものです。

そういった意味で、クラブメーカーのバッグでなく、ファッションブランドのバッグは、もしクラブを買い換えてももともと揃っていないので気にする必要がなく、使用するブランドやメーカーに自由度がもてるといえるでしょう。

そのため、タメゴローもクラブなどを作っていない、PUMAという”ファッションブランド”をチョイスしました。

 

■スタンドバッグのススメ・・・

上記の理由から、タメゴローはアパレルブランドのスタンドバッグが好きです。

ですので、もし次回買い換えるとしても候補に挙げるのは、もちろんスタンドバッグだと思います。

また価格帯は人それぞれだとは思いますが、初めてキャディバッグ買ったり、古いものから買い換える際の予算の多くは、大体3~50000円程度という方が多いようです。

大好きなプロと同じものが使いたい!って方はお高くてもプロと同モデル(ツアーバッグ)を買うようですし、もっと安いもので十分って方はそれぞれですが、高いものは安心ですが、安いものはやはりそれなりの作りであまり耐久性が無いものが多いです。

タメゴローも「安もの買い」で失敗した経験がありますので。笑

またせっかくゴルフに行くのに、練習場に持っていくのすら恥ずかしいものは持っていきたくないですよね。

そんなことからも、タメゴローはとりあえず3~50000円程度のものをおススメします。

上では「キャディバッグ」でランキングを見ましたが、今度は「スタンドバッグ」でランキングをみてみますと、

【ランキング1位】


TRIAL(トライアル) 【Amazon.co.jp限定】迷彩柄 スタンド式キャディバッグ カモフラグレー カモフラグレー

裏切らないというか、安定のアマゾン限定のスタンドバッグでした。

カラーも写真のカモフラグレーだけでなく、定番のカモフラグリーンもあり個人的にはそちらも好きです。

これね、実は毎年1位なんですが、1万円ちょっととコスパがとってもよいので、ある程度古くなったら新しいものに取り換えやすい、という使い方ができてしまい人気なんだろうなぁ、と思います。

もちろんスタンド式なのですが、サイドポケットも大きいので実は収納量もありますね。

重量も2.7キロとかなり軽量で使いやすいです。

 

【ランキング2位】


TITLEIST(タイトリスト) キャディーバッグ 軽量スタンドバッグ スタンドバッグ 46インチ対応 メンズ CBS76-BK 黒 7.5 クラブの長さ対応:46インチ

”ハードなアスリートイメージ”をもちつつどこかクラシカルなブランド【タイトリスト】のスタンドバッグが当たり前のようにランクインしてます。

ゴルフ好きは結局タイトリストにいきつくのでしょうか?

46インチまで対応しているところも人気のようですね~。

 

【ランキング3位】


テーラーメイド(TAYLOR MADE) キャディーバッグ セレクトプラス スタンドバッグ 19SS セレクトプラス スタンドバッグ JJJ45-N77276 ブラック/レッド JJJ45 ブラック/レッド

テーラーメイドがきましたね。

デザインもとてもスポーティで使い勝手もよい。

クラブを差し込む口金部分にはバッグを吊り上げやすい背面だけでなく、移動させたり車に積み込むのにも便利なサイドハンドルまでついてます。

もちろんスタンドバッグによく装備されているドリンクポケットやグローブホルダー、4点式のショルダーベルトなど要点をおさえていますね。

*

とまあ、1位はまたも変わらずトライアルのカモ柄でしたが2、3位は前年までとガラッと変わる結果でした。

タメゴローの目指すクラシックデザインには少々流用しづらいですが、機能性が上がっていたり、デザインの傾向を感じることができ、価格帯についてもとても参考になります。

*

*

【番外編】ですが、軽量な上にその独自のデザインで人気なのが、

BRIEFING (ブリーフィング)

いろんなゴルフアイテムをだしてますが、中でも一番かっこいいのがこれ。


[ブリーフィング] 【公式正規品】CR-502 BRG201D01 CR-5 BLACK

数年前まで”BEAMS GOLF不動のNO.1ベストセラーシリーズでもあった、BEAMS GOLFが別注までしていたという、

「BRIEFING」のキャディーバッグ”

写真のものは黒ですが、ビームス別注であったころの大人気カラー「大人なカモ柄」もラインナップされているのはうれしすぎますね。

ぐはっ!コレほしい。。。ブリーフィングというところにも”大人の遊び感”がでていますね~。

言わずと知れた、弁護士さんやお医者さんなど”意識高いビジネスマン”御用達であったバッグブランド、かつデザイナーズブランドでもあります。

タメゴローの周りではシャキッと系の歯医者さんなどが使ってて、とても雰囲気に似合っているため、ビジネスバッグ同様に「できる男系ブランド」などと勝手に思っています。

*

つづいて、

【BEAMS GOLF】

これも言うまでもないほどのハイセンスセレクトショップですね。

(ビームスゴルフ) BEAMS GOLF BG.StandCaddieB3 81610228833 ONE SIZE NAVY
スポーツショップで売られている、「いかにもゴルフ」といった、ごてごてしたデザインに飽きてしまった男性だけでなく、女性にもとても人気が高いです。

色も写真のネイビーとブラックがあり、個人的にはブラックがブランドイメージのグリーンと相性よくて好きです。

ビームスゴルフはゴルフ小物やゴルフウェアもたくさん出しているので、トータルでのコーディネートも楽しめてしまいます。

おしゃれにしたいけどどのブランドがいいのかわからない、という方には”とりあえずビームス”。

アイテムが増えるうちに、勝手におしゃれになるので間違いないかと思います。

*

■自分のゴルフスタイルも加味して・・・

いかがだったでしょうか。

大事なクラブを入れるバッグである「スタンドバッグ」。

その軽さとスタンド式の便利さからくる使いやすさや、魅力を知ってもらえたかと思います。

こういった機能だけでなく、ファッションや、自分のスタイルなどを加味してもらい、自分のお気に入りの1本に巡り会ってもらいたいと思います。

そしてその「お気に入りのバッグ」で、ゴルフのプレーはもとより、練習などもより楽しいものにしてほしいと思うタメゴローでした。
*

*

*

スタンドバッグ部門ランキングでは、

↓【Amazon ランキング1位】


TRIAL(トライアル) 【Amazon.co.jp限定】迷彩柄 スタンド式キャディバッグ カモフラグレー カモフラグレー

↓【Amazon ランキング2位】*


TITLEIST(タイトリスト) キャディーバッグ 軽量スタンドバッグ スタンドバッグ 46インチ対応 メンズ CBS76-BK 黒 7.5 クラブの長さ対応:46インチ

↓【Amazon ランキング3位】*


テーラーメイド(TAYLOR MADE) キャディーバッグ セレクトプラス スタンドバッグ 19SS セレクトプラス スタンドバッグ JJJ45-N77276 ブラック/レッド JJJ45 ブラック/レッド

キャディバッグ部門では

Amazon ランキング1位は「ミズノ」

MIZUNO(ミズノ) ゴルフ キャディーバッグ T-ZOID ティーゾイド メンズ 軽量約2.7kg 9.5型(77cm)/47インチ対応/5分割 ブラック 5LJC179300
Amazon ランキング2位は「ルコック」

le coq sportif GOLF (ルコックゴルフ) ビッグロゴキャディバッグ(20SS) QQBPJJ06 WH00(ホワイト)
Amazon ランキング3位は「タイトリスト」

TITLEIST(タイトリスト) スタンドバック メンズ TB9SX4 ブラック/ブラック

↓「おしゃれブランド」に迷ったら、”とりあえずビームス!”で間違いないかと


(ビームスゴルフ) BEAMS GOLF BG.StandCaddieB3 81610228833 ONE SIZE NAVY
*

↓世界的「できる男系」ブランドはゴルフもスマートです

[ブリーフィング] 【公式正規品】CR-502 BRG201D01 CR-5 BLACK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA